2009年09月03日

NGOと人道支援活動

NGOと人道支援活動 ギョーム・ダンドロー著 西海真樹/中井愛子訳 文庫クセジュ 白水社 2005/6/10 原書刊行1998

146ページから
人道活動は、アラン・デスクスが著書『不可能な人道活動または曖昧な二世紀』のなかで強調している次のことがらを自覚しなければならない。「人道活動は博愛の雲のなかではなく、戦場で、政治のただなかで展開される。それは普遍と個別とのつねなる隔たりのなかにあり、多くの矛盾のなかをたゆたいつづけ、すべて悪しき選択に直面している」。

−目次−



第一章 僧侶と看護者との緩慢な分離

T人道の源へ
1 キリスト教の伝統
聖ヴァンサン・ド・ポールの活動
2 啓蒙期の人道
啓蒙の精神
3 植民地化
4 戦場の瓦礫のなかの人道活動
細分化された規則
衛生部隊の不足

U 赤十字の夢
1 ソルフェリーノ
2 ソルフェリーノの教訓
3 赤十字の創設
4 人道活動のための技術

第二章 人道の実践−ヨーロッパから第三世界へ

T 人道の最前線−第一次世界大戦
1 赤十字−道徳的権威から実践へ
2 人道活動の領域の広がり
3 国際人道法の適応

U 人道的現実回避と全体主義イデオロギー
1 ボルシェヴィズム
2 ナチズム
条約の欠陥
合法主義の害毒

V 戦後の新状況
1 人道活動と戦後復興
人道法の拡大
難民の地位
2 第三世界の登場
冷戦と人道援助
3 第三世界のイデオロギー

第三章 無国境主義

T 主権と対峙する緊急性
1 ビアフラ
紛争の中心となった人道援助
2 人道的介入の先駆−バングラデシュ

U 新世代の登場
1 無国境主義の誕生
束縛を脱し世論に訴える
イデオロギーの退潮と積極的関与の必要性
唯一の人類の出現
新しい分野:緊急医療
2 無国境主義を生じさせた背景
周辺部の紛争
被抑圧者から被害者へ
難民の増加と人道の聖域
3 緊急事態の特殊性と証言の承認

V 政治的争点の中心にある人道援助
1 カンボジア−飢饉の操作
2 エチオピア−操作された飢饉

第四章 ベルリンの壁の崩壊と人道

T 仕掛けた罠に自分がはまる−近東での戦争の結果生じた人道問題
1 イラクという難問
2 救援にかけつける人道組織

U ソマリア−政治なき人道
1 地政学上見捨てられたソマリア
2 最初の人道的戦争

V ユーゴスラヴィア
1 受益者なき政策
2 人道活動の持続注入

W ルワンダ
1 二十世紀最後のジェノサイド?
2 キヴ危機すなわち「国際政治におけるバミューダの三角地帯」

第五章 人道の課題

T 人道の世界の環境変化
1 紛争の性質の変化
2 緊急援助および現地で活動するNGOの隆盛
緊急活動のための資金の増加
援助の道具化としてのNGOの役割の増大
危機の最中の援助活動
3 難民のイメージの変化
4 人道活動の後退
公的資金の減少
変化する関心
寄付の減少

U 介入の新たな要因
1 人道的介入権の確立
2 国家による人道活動
権力政治に取って代わる人道活動
いくつかの国では、緊急援助は大急ぎで開発援助の衰退に取って代わる
3 メディアの影響力
光の島
映像の支配
活動の動機としてのメディア
人道のメディア化への処方

V 人道の世界の構造化
1 NGOの増加と成長
NGOの重要性
2 調整と専門化
3 必要な透明性
4 公的資金の誘惑

結論

訳者あとがき


posted by LMB at 19:50| Comment(29) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。