2009年05月26日

2009/5/25西日本 テロ対策は経済援助が重要 JICA緒方理事長

テロ対策は経済援助が重要 JICA緒方理事長
西日本 2009/5/25
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/97912
国際協力機構(JICA)の緒方貞子理事長は25日、都内で記者会見し、アフガニスタンやパキスタンがテロ組織の温床とされていることに関連し「(国民の)収入を増やすことでタリバンなどの浸透を防げる」と述べた。テロ対策としては農業開発やインフラ整備などの援助により経済基盤を改善することが重要との考えを強調した。
 米オバマ政権の対アフガン政策については「前政権は軽視していたが、国際機関やほかの国々との連携を重視する態度が出てきた」と評価。政府開発援助(ODA)の供与実績で日本の国際順位が低下傾向にある点に関して緒方理事長は「相互依存が強まっており、一国平和主義は通用しない」と指摘し、日本の増額や順位回復が必要との考えを示した。
 JICAは昨年10月、従来の青年海外協力隊の派遣などに加え、円借款も手掛ける組織に拡充。緒方理事長は「(援助手法の)幅が広がり、新しいチャレンジができるようになった」と語り、ボランティアや民間企業とも協力して、援助対象国の実情に合わせた支援メニューの提供に力を入れる意向を明らかにした。
posted by LMB at 15:12| Comment(0) | パキスタン難民 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。