2009年06月19日

2009/6/16 AFP 支援活動拠点で大規模な略奪、活動に支障 ソマリア


ソマリア南部・中部への人道支援活動の拠点である首都モガディシオ(Mogadishu)から北に90キロのジョワル(Jowhar)で、支援用の物資・資産・機器が大規模に略奪・破壊され、支援活動に大きな支障が出ている。国連(UN)によると、今年9月までの継続的な人道支援を必要としている国民は全人口の43%、320万人以上にのぼると推定されているが、イスラム武装勢力が中部、南部の主要都市に勢力を拡大するにつれ、支援活動は急速の困難になっている。写真は、モガディシオ近郊の避難民キャンプで、仮設学校で授業を受ける少女(2009年6月15日撮影)。(c)AFP/MOHAMED DAHIR
posted by LMB at 09:46| Comment(0) | ソマリア内戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。