2009年07月16日

2009/7/8 CNN 首都から8週間で20万人余が退避、戦闘激化で ソマリア

首都から8週間で20万人余が退避、戦闘激化で ソマリア
CNN 2009/7/8
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200907080018.html
CNN) 暫定政府軍とイスラム武装勢力「シャバブ」「ヘズブ・イスラム」などの交戦が続くアフリカ東部のソマリア情勢で、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は7日、戦闘が激化した過去8週間で首都モガディシオから避難した住民は焼く20万4000人に達すると報告した。
武装勢力を駆逐するためエチオピア軍が武力介入した2007年以降では、最大規模の住民の脱出となっている。エチオピア軍がその後、撤退している。UNHCRによると、過去1週間での衝突による死亡者は約105人、負傷者は382人。
政府、反政府軍、軍閥が絡む同国の内乱は1991年から悪化しているが、国内で発生した避難民数はこれまで120万人以上と推定される。
米中央情報局(CIA)は先に、イラクやアフガニスタンでこれまで活動してきた国際テロ組織アルカイダ系の戦闘員が、ソマリアの無政府状態につけ込んで浸透を強めていると警告。米政府は暫定政府のてこ入れで武器支援にも踏み切っている。米軍はこれまでアルカイダ系拠点への空爆も実施している。米国はシャバブをテロ組織にも指定している。
posted by LMB at 07:31| Comment(0) | ソマリア内戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。