2009年07月16日

2009/7/15 CNN 武装集団が安保担当顧問の仏2人を拉致、ソマリアの首都

武装集団が安保担当顧問の仏2人を拉致、ソマリアの首都
CNN 2009/7/15
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200907150015.html
(CNN) フランス外務省当局者は14日、暫定政府軍とイスラム系武装勢力間の戦闘が続くアフリカ東部、ソマリア情勢に関連し、暫定政府の安全保障問題の顧問として働いていたフランス人2人が同日、首都モガディシオのホテルから武装した集団に拉致されたと述べた。
暫定政府当局者によると、拉致の現場は外国人の宿泊が多い「サハフィ・ホテル」で、約の10人の武装集団が同ホテルに乱入、2人を縛って目隠しし、徒歩で連れ去ったという。拉致犯の組織的な背景は不明だが、武装集団はイスラム系組織「ジャバブ」「ヘズブ・イスラム」が拠点を築くバカラ市場への方角へ逃走したという。
ジャバブなどは今年5月以降、攻勢を加速させ、モガディシオへの浸透も強め、2007年3月以降、ソマリアに駐留するアフリカ連合(AU)の平和維持部隊も戦闘に巻き込まれている。
米政府は、ジャバブは国際テロ組織アルカイダと関係があるとしてテロ団体に指定している。米国務省は6月下旬、武装勢力掃討でソマリア暫定政府を支援するため武器と弾薬の提供を開始したこことも明らかにしている。
posted by LMB at 07:59| Comment(0) | ソマリア内戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。